Googleマップ お電話

カレンダーアイコン WEB予約

Microscope

精密根管治療

イメージ
イメージ
精密根管治療

About treatment

なぜ再治療が必要になったり、
歯を抜く結末になるのでしょうか?

虫歯になると削って詰めて、神経に虫歯が感染すると神経を取らざる得ない状況になります。そして感染した部分に取り残しがあるとそこから再発し、治療が必要になります。繰り返すうちに歯が脆くなり最終的には歯を残せない状況になることがあります。感染した虫歯細菌を除去するには侵入を防ぐ器材と技術がポイントです。

マイクロスコープ治療イメージ

Check point

マイクロスコープを使用することで
根本の原因を完全除去し再発防止へ

暗くて狭い口腔内は、肉眼のみで確認することは限界があり海外ではマイクロスコープを用いて精密根管治療をすることが義務づけられています。さらに細菌の侵入を防ぐため様々な器具や材料を使用することで根管治療の成功率がUPします。

チェックポイント
マイクロスコープイメージ

Merit

マイクロスコープで行うメリット

削る範囲が必要最小限になるため、歯の負担軽減に繋がる

マイクロスコープで録画した口腔内の映像を患者様と一緒に確認できる

肉眼では限度のある細かい部分まで確認できるため取り残しを防ぎ再発リスクの抑制に繋がる

マイクロスコープで行うメリット

Possible treatment

当院の特徴

厳選した材料と器具

厳選した材料と器具

当院では複雑な根管内の細菌を除去するためにニッケルチタン製の機材と、生体親水性や殺菌力に優れた材料(バイオセラミックシーラー)を使用しています。

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿

治療する歯をラバーダムというゴムのシートで隔離し、唾液や細菌の侵入を可能な限り防止します。細菌感染を減らすことで治療成功率に繋がります。

電動麻酔カートリッジ

電動麻酔カートリッジ

極力痛みを軽減するために人間に近い温度に麻酔薬を温めます。その後一定のスピードで注入することによって麻酔注射時の痛みをさらに軽減することができます。

歯科用レーザー

歯科用レーザー

レーザー光線を照射することによって炎症や排膿を抑えます。その他口内炎や止血、メラニン除去など用途は多種多様です。放射線や電気を含まないため妊娠中やペースメーカー、高血圧の方にも安心です。

デンタル撮影

デンタル撮影

根管の状態を撮影しやすく患者様の負担を軽減するために鉛防護が設置された個室の部屋をご用意しています。

切削器具等、個別で滅菌

切削器具等、個別で滅菌

スタンダード・プレコーション(標準予防策)の概念に従って血液・唾液など(汗を除く)全ての体液は感染を起こす可能性があるため徹底して感染予防対策を行なっています。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

治療時に発生するエアロゾル(気体中に浮遊する粉塵や水しぶきなどの小さな粒子)を吸引します。また、コロナウイルス感染対策にも繋がり感染拡大リスクが減少します。

CASE

マイクロスコープ治療症例

根管治療

ケース1
CTは治療前と治療後3ヶ月のものです。

年齢/性別 30代 男性

治療期間/回数1ヶ月 3回

再根管治療(見落とし根管の発見)

ケース2
レントゲンは治療直後のものと術後6ヶ月後のものです。

年齢/性別40代 男性

治療期間/回数1ヶ月 2回

イラスト
イラスト

Appointment

峯デンタルオフィスのご予約

tel0798-34-6663

9:00 - 13:00 / 14:00 - 18:00

予約アイコン
WEBでのご予約はこちら

【休診日ガイド】

第1・3・5の水曜日 / 第2・4の木曜日 日曜日 / 祝日

※祝日のある週は水・木曜日ともに診療しております。

診療時間はこちら