お口の写真

こんにちは。

峯デンタルオフィスの受付スタッフです。

先週の日曜日に、西宮の保田矯正歯科の保田先生による歯列矯正のセミナーに参加させていただきました。Zoomを使ったオンライン勉強会でしたが、子どもから大人までさまざまな矯正のケースを実際見せてもらい、初めて知った事やこれからの仕事に活かせる知識を学ぶことができました。中でも印象に残った解説は、『口腔内写真』=歯並びやお顔の写真に関することです。

矯正治療では、治療前の状態を把握し治療をした結果どのように変化したのかを記録として残すために口腔内写真を撮影します。お口を開けた状態と閉じた状態、噛んだ様子を左右から撮ったり、鏡をお口に入れて歯並びの確認を行います。

▪️口を広げる器具が写り込んでいる▪️歯にピントが合っていない ▪️上下の歯が噛み合っていない ▪️顔が正面を向いていない ▪️奥歯まで写っていない このようなミスが起きてしまうと、正確な診断が下せない原因になりかねない事が、しっかりと理解できました。当院でも、より正確な口腔内写真が撮影出来るようにスタッフ同士でアドバイスし合ったりして技術を上げていきたいと思います。

ブログを読んで下さっている方で、矯正にご興味がありましたら、まずは無料のカウンセリングをオススメします。今の歯並び状態やどういう治療方法、期間などのお話をお伝えさせていただきます。無料カウンセリングの予約はお電話か、ネットからの予約も受け付けています。ネット予約は下のQRコードを読み取って登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA