口呼吸のリスクその② お口のトラブル

こんにちは!峯デンタルオフィススタッフです🙌

定期検診やメンテナンスをしていると、特に2月~4月にかけて歯茎が赤く、いつもよりも炎症が強く出る方がけっこういらっしゃいます。なぜでしょうか??

聞くと皆さん花粉症をお持ちなんですね。
花粉症で鼻がつまり→口呼吸になり→唾液が減る
アレルギーのお薬は唾液をさらに減らしてしまうこともあります。
唾液には抗菌作用・殺菌作用がありお口の中の細菌をやっつけたり、汚れを洗い流して菌の増殖を防ぐ役割があります。でも唾液が減りお口の中が乾燥してしまうと、菌が繁殖しお口の中の汚れが溜まるため歯肉炎が起きやすくなるのです。これは口臭がきつくなる原因にもなります!

唾液が減ることによるトラブルは他にもあります。
私たちの歯は食事をするたびに「酸」によって表面が溶け出してしまいます(脱灰)。それを唾液の中のミネラルが補って元に戻してくれるのですが(再石灰化)、唾液が減ると補ってくれるものがなくなるので、いずれ歯に穴が空いてしまう虫歯になるリスクが高くなります。

唾液の力はすごいですね~!✨
口呼吸がダメな理由の1つが乾燥により唾液を減らしてしまうことです。
しっかりお鼻で呼吸し、よく噛んでたくさん唾液を出してトラブルのリスクを減らしていきましょう!♪

JR神戸線・さくら夙川駅、阪神電鉄・西宮駅より徒歩圏内の歯医者さん

峯デンタルオフィス
http://mine-dentaloffice.com
ご予約はお電話にて承っております。
0798-34-6663

兵庫県西宮市神楽町3-19エル夙川2F
月~土曜日 9:00~13:00 14:00~18:00

休診日 日曜日・祝日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA